3人の男女

Tシャツ発展の歴史

Tシャツは、もともと男性用の下着として存在したものですが、第二次世界大戦後のアメリカで、トップスとしても着られるようになり、プリント技術の発展にともなって、ファッションアイテムとして定着してきました。日本では、1970年代に、若者の間で流行りはじめ、今では、素材、デザイン、機能ともさまざまなものが作られ、老若男女に受け入れられています。 クラスTシャツは、アメリカの大学の生協で売られていた、学校のロゴなどがはいったTシャツが起源とされています。はじめは部活動のユニフォームとして作られることの多かったオリジナルTシャツが、一部の高校の文化祭や体育祭で、クラスTシャツが用いられたのをきっかけに、あっというまに広まりました。 クラスTシャツは、業者によって、値段の幅も広く、できる加工の範囲もまちまちですが、だからこそ、自分たちの状況にあわせたものを作ることができます。優先するものは、予算か、素材か、デザインか、みんなで話し合って、充分に下調べをすれば、思い出に残る、納得のクラスTシャツを作ることができるはずです。

クラスTシャツは、オリジナルで作ることが出来るTシャツであり、業者にデザインを受注する事によって作ることが出来ます。その為に、学生などに特に人気のあるTシャツでありクラスで一つ作ると言う学校も多く存在します。 クラスTシャツは、昔に比べると多くの場所で作ることが出来る様になり業者に依頼すると言っても店舗に行かなければ受注できませんでした。しかし、今では通販サイトで簡単に受注することが出来る様になったために便利になりました。 また、クラスTシャツはデザインの関係上納品までに一か月と長い期間を必要としていましたが、オートメーション化から納品までに数週間しかかからなくなりました。その為に、今後の予測としてはクラスTシャツはより安くより早く納品できるようになると予測されています。