3人の男女

パーカーを作る

チャンピオンがリバースウィーブを開発して以降、パーカーやスウェットのジャージ素材で作られた服飾製品がワールドスタンダードとして認知されるようになった。 世界のパーカーやトレーナーの素材およびデザインは、チャンピオンの製品がスタンダードとなっている事は周知の事実である。 チャンピオンの製品がスタンダードとなっている事は周知の事実である。 オリジナルパーカーを語る上でこのことを踏まえておくことは非常に重要である。 多くの他社が参入してそれぞれの型紙でパーカーを作っても、大抵一過性のデザインとして役目を終えている現状が見受けられる。 オリジナルパーカーが、オリジナルTシャツと決定的に違う点は、オリジナルパーカーの圧倒的な耐久性の奥にあるのだ。 耐久消費財としてのパーカーと考えた場合、オリジナルパーカーの素材は、納得のいくものである必要があると断言できる。

多くのオリジナルパーカーやトレーナーが世の中に販売され、消費され、80パーセント以上の商品が、翌年には再生産や再販売される事もなく消えていくのである。 個性が強く、独自のデザインがプリントできるオリジナルパーカーは、主流では無いにしろ、ニーズが存在している。 オリジナルパーカーにはシルクスクリーンプリント方式を採用したり、ボディーにチャンピオンの製品もしくは同等のクオリティーを持ったヘビーウエイトな素材を用いることが肝要だと考えられる。 オリジナルTシャツと違い、オリジナルパーカーは冬には防寒着の1部として、秋または春にはアウターの着回しのきくアイテムとして重宝されるという側面も持ち合わせているのである。 1シーズンのおしゃれとしての Tシャツとは違い、パーカーは長年にわたり親しむことができる、消費者にとってはなじみの深いアイテムなのである。 オリジナルパーカーを一般の購買層に広めるのであれば印刷される図案が劣化しない方式でのプリントおよび、ボディー素材の確かな素材感と耐久性は必要条件であると考えられる。